« August 2007 | Main | October 2007 »

9月28日(金)「Goodbyから始めよう」

 早いもので、もう月末。今日で職場が変わる人、辞める人、いろいろ。

 捨てなければ新しいものは手に入らない。

|

9月27日(木)「Shotter's Nation」

872
 某地方の道路整備推進決起大会で朝からホテル。各県庁20数名ぐらいの職員、市長、町長を引き連れて、来賓は国会議員とその秘書と国土交通省のお役人様(40名ぐらい)。

 年度末の予算編成に向けたPRだ。

 豪華な朝食が食べられるのはいいんだけど(笑)、毎年ものすごく違和感を感じる。


 これだけの費用をかけて、ホテルの大広間を借り切って、豪華な朝食をつけて、知事、市町村長、職員が大挙して上京して、その宿泊代もバカにならない。こうしたことを納税者は「良し」とするのだろうか。

 もちろん、どこの県や地方でもやっていることで、やらなければ予算編成で不利になる(のではないか)という不安も分かるし、道路整備が急務である選挙区で選挙をしたことのある身として、道路予算の切実さも分かりすぎるぐらい分かる。


 それでも、違和感がある。

 道路特定財源の存続を訴え、国会議員それぞれが予算獲得に向けた決意表明をする。


 何が違和感があるのか、今はうまく説明できないけど。

|

9月26日(水)「Another Brick in the Wall (Pt. 2)」


 銀行同期の世話をしてくれてる山ちゃんが元の会社に復活する祝いの会。

 たまに別の世界の人と話すると刺激があって面白い。省庁に出向している同期(名前を呼ぶのに○○なんとか課長補佐とか、氏名に役職をつけて呼ぶのがびっくりした)やら、年金の運用をしている同期やら。


 ついでながら、良く聞かれる質問

・新生銀行(旧長銀)の人で、今も残っている人はいるんですか? 答:2~3割ぐらいはいます。

・秘書はやっぱり料亭の前で車に乗って先生を待っているの? 答:野党の議員はあまり料亭とかいかないんではないでしょうか。僕の付いた議員で、僕のいた時に行かれた人はいなかったです。

・国会議員って全員車が付くんじゃないの?答:お金のある人だけ、雇ったり、秘書に運転させたりします。普通は衆議院又は参議院の車で党に配分された車を時間貸しで使うことが多いです(当然、中々予約が取れない)。また○○委員会の委員長などになると役職で車が付くことがあります。
 
 お互い知らないことによる誤解の壁ってありますね。とにかく話をして壁をぶち破ろう!!


※さすがに昨日の日記のタイトルはマズイんじゃないか、といわれました。

|

9月25日(火)「人妻」

 すみません、意味はありませんが、下の「人事」っていう文字を見ていたら「人妻」に見えたもので。福田康夫内閣発足。閣僚発表。


|

9月24日(祝)「人事」

 自民党三役、いや今回は四役発表。しかし、あまりにも露骨ではないか?福田支持を決めた派閥の首領がそのまま論功賞さながらずらっと並ぶっていうのは。

 訳の分からない派閥政治なんてやめよう!ということで小泉が出てきて、「永田町の常識は世間の非常識」って言って、ワーっと歓声を浴びたのに、あの数年間は一体なんだったかのような逆戻り感。

 自民党は自ら負けようとしているのか・・・?


 とはいえ、自民党(というか政権を持ったことのある政党)っていうのは、自己変革能力がスゴイというか百変化というか、世間にあった形に変えてくるから絶対にあなどれない。

 この前だって、党員投票やったら小泉を選んでくるぐらいだから。大体、党中央は政権与党が永すぎて、癒着体質やら問題が多いけど、地方へいったらまともな党員さん(や地方議員)がものすごく多い。

 55年体制の頃は、地方で真面目に政治を考えている人だったら、社会党という選択肢を除けば、自民党しか(ほぼ)なかった訳だから、それも当然だろう。

 
 福田総理がこのまま民意と離れたことをやり続けてくれれば、政権交代の可能性も高くなるのだが。

|

9月23日(日)「麻生は日本のケネディ」

 自民党総裁選。自民党本部前に集まった麻生支持の人達が、もろオタクっぽくて感動した。そして、総裁選で敗れた麻生が、道路を封鎖して横切って、彼らに礼を言いに行った映像を見て、「麻生は日本のケネディだ!」と思いましたね。意味不明ですが。

 そして、福田康夫。

 官房長官時代の皮肉屋ぶりが印象的だが、もしかしてこの人のポイントは、「総理の息子」ではないか?昔の総理って今よりもっと大きな存在だったから、「総理の息子」で育ったら、やっぱりかなり性格形成に影響あるのではないかと思うのだが、どうでしょう?

|

9月22日(土)「お伊勢参り」

Dscf24851
 ものすごい駆け足で、大阪、三重、愛知と回る。

 そんな中、伊勢の近辺にきたので伊勢神宮に参拝。

 ものすごい人出で、内宮なんて近寄れない状態。最近流行っているのだろうか?(ここ300年ぐらい?)

 一説には911後、日本回帰が始まったということだが・・・。

 やはり日本人の心の拠り所なのだろうか。

(写真)クラシックな近鉄宇治山田駅


|

9月21日(金)「再結成ブーム」

 皆、再結成しすぎでは・・・・。


セックス・ピストルズが11月にロンドンで復活ライブ

「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」などのヒット曲で知られる伝説の英パンクバンド「セックス・ピストルズ」が、2003年以来となるライブコンサートを11月8日にロンドンのブリクストン・アカデミーで行うと発表した。BBC放送が18日、報じた。

 コンサートは、代表アルバム「勝手にしやがれ!!」が発売から30年となるのを記念。チケットは37.5ポンド(約8700円)で、英国時間の9月21日午前9時から発売開始予定という。同アルバムのほか、代表的なシングル4曲の再発売も計画されている。

 セックス・ピストルズは1975年に結成。反体制的な言動やパンクファッションで話題となったが78年に解散した。96年に再結成し、世界ツアーを行い、2003年にもライブを行った。(共同) ZAKZAK 2007/09/19

ツェッペリン再結成!ツアーも検討中

 70年代に一世風びした英国ロックバンド「レッド・ツェッペリン」が19年ぶりに再結成する。CD販売元ワーナーミュージックなどが、日本時間11日深夜に発表した。

 グループを発掘したアトランティックレコードの創始者、アーメット・アーディガン氏の追悼コンサートが11月26日にロンドンのO2アリーナで開催され、ここで復活。ジミー・ペイジ(63)、ジョン・ポール・ジョーンズ(61)、ロバート・プラント(59)のオリジナルメンバーに、故ジョン・ボーナム氏の代理を長男のジェイソン・ボーナム(41)が務める。ロバートは「われわれにとって長きにわたり親友だったアーディガン氏の人生と仕事に対する尊敬の証」と語った。

 ツェッペリンはジョン・ボーナム氏が死去した80年に解散。85年の「ライブ・エイド」では英歌手のフィル・コリンズ(56)らをドラムスに迎え、88年のアトランティックレコード創立40周年記念イベントでは、ジェイソンを迎えて復活ライブを行っている。

 ツアー計画も検討され、日本公演が実現すれば72年以来となる。 [スポニチ2007年09月13日 06時17分]

 こうなったら、ドレッド・ツエッペリン*も再結成して欲しいものだ。あ、現役なのか・・・。


 * ラスベガス時代のプレスリーの格好で、レッド・ツエッペリンの曲をもちろんレゲエのリズムで演奏するという不思議な人達。

|

9月20日(木)「海自艦が給油した米艦はイラク戦に使用した」

Dscf24521
 ピースデポ代表の梅林さんの記者会見。

 情報公開請求を使って航海記録を丹念に調べた結果、海上自衛隊の補給艦「ときわ」が、米軍の給油艦「ペコス」を経由して、空母キティホーク、イージス巡洋艦カウペンスに給油され、対アフガニスタンである「不朽の自由作戦(OEF)」でなく、ペルシャ湾でのイラク「南方監視作戦(OSW)」に従事していたことが分かった。

 これは、テロ対策特措法の明らかな違反。

 今夜の報道ステーションなどでも同じ話を放送するようで、マスコミの注目度も高い。


 午前中、政策担当秘書を将来の進路の選択肢に入れることを考えられている大学生(2年次)の方が、来られる。ネットで検索して私のサイトにあたり、直接、話を聞きにこられたとのこと。

 僕が政策担当の資格を取った頃は、政策秘書がどんなものか全然分からなかったです。話を聞く人もあまりいなかったしね。

 政策担当秘書のことだけでなくて、政権交代とか政と官の関係、英米との比較など、民主主義の根幹に係る話や質問がでて、よく考えられてるなと思いました。

|

9月19日(水)「古田」

Furuta
 古田の引退って、ちょっとくるものがありましたね。強烈なヤクルトファンでもないけれど。屋根無しの野球場が好きで、近いこともあって、去年はちょくちょく神宮球場にいきました。

 球界随一の頭脳捕手と呼ばれ、プロ野球ストの時に表に立ち、監督として期待されながらも、成績を残せず、育ての親の野村には「年賀状一枚よこさん」とボロカスに言われ、・・・それでも結構好きだったんだよなぁ。同い年だし。

 ちなみに昭和40年生まれ。尾崎豊、吉川晃司、太田光、古田敦也・・・・

 共通するムードがあるようなないような。


|

9月18日(火)「変な検索ワード」

 ブログの方は色々な機能が付いてきて、どういう単語(又は単語群)で検索して、僕のサイトにたどり着いているのかが分かる。多いのはもちろん名前とか「石田日記」(ギャンブルのサイトで同名のものがあるようだ)だけど、その他の単語はかなり変だ。例えば・・・

・ふんどし祭り
・ニューハーフ 新宿
・蕎麦打ち体験
・洗濯屋ケンちゃん
・おいしいゴーヤチャンプルーの作り方
・胃カメラ
・夫がアリクイに

・・・


 なんでやねん。

|

9月17日(祝)「日本の祭り」

Dscf24211
 あまり意味はありません。街で見かけた祭りです。



|

9月16日(日)「セルフポートレイト」

Dscf23931
 この前、ジョー・ストラマーの映画を観ていて、クラッシュのメンバーだったミック・ジョーンズは半分ハゲた親父になってるし、トッパー・ヒードンは小さいらっきょみたいなお爺ちゃんになってるし、歳を取るとああいう風になるんだなぁ、と驚いた反面、ストラマーのシワとか結構いいんじゃないかと思った。

 若いのがいい、シワがないのがいいという考えもありますが、歳を取るのもなかなか良いのではないですか(いやカッコいい歳の取り方もあるといった方が正確か?)。

 政治家は大体、そういう考え方はしなくて、昔に撮ったポスター用の写真を何年にも渡って使ってたりするけど・・・。熊谷さんなんて選挙の度に髪の毛が増えてたりして。


 とはいうものの、自分もホームページのトップ・ページの写真を7年にも渡って変えておらず、すみません。反省してます。

 なかなか新しいのを撮ってもらう機会がなくて・・・。というのは言い訳で、自分で試しに撮ってみましたが、うまく行きませんでした。


|

9月15日(土)「世の中三連休、だが・・・」

 世間は三連休。だが・・・・・・・。自民党所属議員の秘書さんは、連絡が付くように事務所を空けるなということで、休日返上で出勤らしい。総裁選は、公職選挙法の縛りも無い仁義無き戦いだし。大変ですね。しかし、大勢が決したら、途中で解除されるのかな?

|

9月14日(金)「政策秘書ガイダンス」

Dscf24091
 今日18:30から、政策担当秘書資格試験合格者のガイダンスで話をすることになりました。

 今年の事務局の人に「自民党にもっと適任な大先輩方がいるだろ」と言ったら、「いや、みんな急に忙しくなったんだ」とのこと。まあ、それはそうかと引き受ける。

と思ったら、総裁選の大勢が固まったからか、新合格者への思いからか、自民党からも沢山先輩方が来られて、結局2期合格で自民党参議院議員の政策担当秘書をされている阿蘇伸生さんがお話されました(私は5期)。

 そのほかに、政策担当秘書出身者で現衆議院議員の高山智司先生が、昨年に引き続きお話されました。

 その後、グループに分かれて先輩秘書と合格者の質疑。

 今年は約550人が申し込み、約330人が受験、合格者は29名でした。「石田日記」を読んで、「こんな奴でも政策秘書が勤まるなら、俺だってできる」と思われた方は沢山いらっしゃるでしょうから、来年は是非!受験してください。いや、受験者数が減っているので、真面目な話。

|

9月13日(木)「安倍総理を褒め称える」


 代表質問10分前という、あまりにも常識外れな突然の辞任ゆえに、総理辞任の理由が様々に取りざたされている。

 官房長官が会見で、「健康問題」と言ったのには、与党の議員も含めてびっくりだったらしいが。・・・・しかし、そんなこと普通言うかな。「健康問題」なんて言ったら、政治生命にかかわる問題になるけど。本当なのかな???

 一説に来週スキャンダルが出るというのがある。しかし、これは眉唾ものだと思う。その内容は脱税と隠し子。脱税の方は、相続の際のもので時効になっているし、隠し子も致命的なスキャンダルかどうかは微妙なテーマではないだろうか。田中角栄なんて、知られているだけでも二人いたわけだし。養子にしたらいいという人もいるぐらいだし。


 突然の辞任の理由は不明のままだが、これだけ世間が安倍叩き一色になると、擁護したくなるのが心情。

 今こそ、安倍総理の功績を褒め称えよう!

 ・歴史問題、靖国問題で中国、韓国との緊張関係を保ってきた小泉政権の一員でありながら、首相になった途端、訪中・訪韓。
 ・訪問前の国会質問で、「慰安婦」問題で謝罪した河野談話と「植民地支配」と「侵略」を認めた村山談話を踏襲すると答弁。
 ・小泉第一回訪朝で、交渉を打ち切って帰る事を進言し、拉致問題解決の糸口さえ潰そうとしたこと。
 ・訪米時に、日本の立場を説明すべきであったところ、さっさと慰安婦問題で謝罪して帰って来たこと。
 ・経済格差を拡大して、日本をアメリカ型の社会に近づけたこと。
 ・タカ派的言動で、格差政策の犠牲になっている若年層などの目を現実からそらし続けたこと。
 ・地方切捨てを進め、東京に高層ビルを沢山建ててくれたこと。
 ・国民に愛国心が無いことを前提に、愛国心教育を盛り込んだ教育基本法を成立させたこと。
 ・米軍の再編にあわせ、3兆円の利権を発生させる米軍再編支援法を成立させたこと。
 ・おまけに、その利権を握る事務次官に居直られたこと。
 ・ついでに、それと対立する大臣を首にしたこと。
 ・国民の税金を260億円も使って、海上無料ガソリンスタンドとして米軍に給油しつづけたこと。
 ・それが続けられないのを辞める理由にしたこと。
 ・主に米国からの要請で、共謀罪、サイバー監視法などを成立させ、より「安全」な社会を創ろうとしたこと。

 いや、実は素晴らしい総理だったんですね、外国の総理としては・・・。


|

9月12日(水)「そんな・・・」

 最初聞いた時信じられなかったが、安倍総理辞任の意向。

 各党代表質問の本会議10分前に・・・・。二日前、所信表明演説やったばかりで、その所信表明に対する質問なのに・・・・。

安住さんがでてきて、「憲政史上例がないんじゃないか」と言っていたが、まさかのまさか。国会は筋書きのないドラマというごとく。

 国会本館内も、マスコミ、議員さん、秘書などで、年金徹夜国会以来か、住専国会(古い、というかその頃いないだろ)以来の人で、大混乱。


で空白期間はどれくらいになるか。

 これまでの例だと、(首相を決めるのに)最短17日、最長47日の空白。例外が森さんの時の話し合いだが、総裁選に複数人が手を上げるという話もあり、自民党からはしばらく待って欲しいとの話が国対にあったようだ。


|

9月11日(火)「蜻蛉」

 昨日、首相の所信表明演説を行って、野党がそれを聞いて、所信表明に対して質問を考える時間という名目で、慣例として一日か二日、日程を空けることになっている。

 衆議院議員は、こうした一日の合間でも選挙区に帰り、翌日(もしくは当日中)に国会に戻ってくる人が多い。

激務です。

 ああ、幸せのとんぼよどこに


|

9月10日(月)「臨時国会スタート」

 今日から、60日間、11月10日までの予定で臨時国会がスタート。参議院で野党で過半数を占める、いわゆる「ねじれ国会」でどういう展開になるのか、誰も本当の所は読めていないだろうと思います。

 本会議と本会議の合間に、核軍縮促進議員連盟の勉強会。最近、何故かこの議連やると出席者が多くて驚きます。

|

9月9日(日)「自ら追い込む?」

Alexlinton
 安倍首相が、シドニーでの記者会見で、インド洋での海上自衛隊の給油活動継続は「職を賭して取り組む」と述べ、継続できなければ「(首相の立場に)しがみつくことはない」として退陣、内閣総辞職する考えを表明した。

 とのことだが、一体何故、自ら追い込むような発言をしたのだろうか?

 当然、民主党小沢代表は、テロ特措法に賛成せず首相退陣に追い込む方針だから、給油継続なんてできるわけがない。

 自分の退陣と絡めることで世間の注目を喚起し、民主党を悪者したてあげる戦略なのか?それとも単にメチャクチャなだけか。自分の思い通りにならない内閣で嫌になっているのか。

 鳩山幹事長がスポーツ紙のインタビューに応えて言った「既に退陣しているべき人が言っても、インパクトがないんでは」というのが、「当たり」に近いのでは。


 安倍首相は既に解散できる権限も無く、総選挙は次の首相(恐らく麻生?)になってからという見方が強いが、あまり早く退陣されると選挙が近づく・・・・。最も、早ければ早いほど野党に有利だけど・・・。


|

9月8日(土)「LONDON CALLING/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー」

T_l
 LONDON CALLING/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー公開を待って待って観てきました。

 ジョー・ストラマーといっても、誰のことかさっぱりという方も多いでしょうが、パンク・ロックを代表するザ・クラッシュというロック・バンドのヴォーカル兼ギタリストです。

 正直、ジョー・ストラマーの伝記映画で半泣きになるとは思いませんでした。しかも、5回も6回も。

 パンクの思想というのは、一言で言うのは難しいけど、ロック・スターと観客の壁を取り払って皆同じなんだということを気づかせたというか、反権力というか、ギター・ソロより歌詞の中身が重要だということに転換させたというか、学校や親の言うことに従わなくても自分の直感を信じて生きればいいんだということを気づかせたというか、東洋の島国にいた僕はもちろん、世界中の若者の考え方を変えた考え方です。

 それの基礎の大部分を形作ったのが、このジョー・ストラマーではないでしょうか。

 「ロンドンは燃えている」「退屈な街に風が吼えぬける」「白い暴動を起こせ、自分だけの」「白人達は学校でマヌケになる」などのストラマーの歌が、理屈ぬきに世界中の若い奴らの背中に電流を走らせ、考え方もファッションも生活も変えてしまった。

 そのストラマーが実は、前の世代のヒッピー思想と深く結びついていて、ストラマーと名前を変える以前はウディ(ウディ・ガスリーから来ていると思われる)と名乗っていたとか、パンク自体がピッピー/コミューン思想や、それ以前のビートなんかとも結びついていることをうかがわせる。

 クラッシュ解散後、目だった活動をしていなかったが、メスカルロスを結成、活動していた最中の2002年12月、心臓発作で50歳で亡くなった。僕がイギリスにいた時で、10月頃にライブがあって、観にいこうかと思ったけど、「ジョー・ストラマー&メスカルロスってのもどうかなぁ」と思って観にいかなかった。本当に悔やまれる。

 ストラマーの死亡後、ファンから五千通以上のメールが来て、その中に

「ジョー、ありがとう。人生を変えてくれて」

 っていうのがあったんだけど、全くそのとおり。同じことを思います。


 ジョー、ありがとう。人生を変えてくれて

|

9月7日(金)「助走」

来週、月曜日からの国会に備えての準備などで、そろそろ国会開会モードに。

|

9月6日(木)「ブログ炎上の真実5」

 昨日、書き漏らしたが、もう一つ重要な事実を指摘し忘れていました。それは<リリリリリーン>あ、電話だ。ちょ


|

9月5日(水)「ブログ炎上の真実4」

 7月末と8月頭のブログ炎上について調べていたら、また面白いことが分かった。それは<ピンポーン>あ、来客だ。ちょっと待ってくだ


|

9月4日(火)「人事」

 民主党次の内閣や委員会などの人事に関して、該当者には内定の連絡が行っているようだ。当選回数重視の重厚な布陣との話だが、全体はどうなるのかな。一体、どのタイミングで発表するんだろう??

 と思ったら5日16:00発表でした。

|

9月3日(月)「プレ人事」

 国対委員長、政調会長等の人事が発表。小沢代表と一心同体とも評される山岡さんが国対委員長ということは、国対の指揮は小沢さん自らが(基本的には)取るという強い意志の表れか。参議院議員の直嶋さんが政調会長というのは、参議院重視と幅の広い調整力を評価されてのことか。ちなみに大学の先輩で、後援会長と同級生だったこともあり、僕の選挙の時も何かれと応援していただきました。

 岡田さん、前原さんの副代表は一体性の保持の為か。


|

9月2日(日)「ブログ炎上の真実3」

 7月27日の日記に関して、炎上攻撃があって、28日分で多少詳しく書いたら内容に関する批判が全くといっていいほど無くなって、今度は言葉使いにターゲットが変わった。

 確かに、インターネッおよび、2ちゃん言語を使うのは、サービスしすぎのような気もするが、今や某政党の幹部のみならず与党大臣クラスでも2ちゃんねるを見ている時代に「???」という気がしないでもない(そういう意味ではいっぱい書いた方がいいかも。政治家がへこむメディアなんてそうザラにはない。但し、あまりに的外れだと効果なしなのでご注意を)。大体、「リンクに2ちゃんねるを張っている先進的な」とか書かれていたけど、リンクなんて7年前から張っているんだけど・・・・・・・。

 世間と永田町の認識のギャップがあるみたいなので、こういう事情は時々書いておいた方がいいかもしれません。

 ついでながら、「2ちゃんねる」はなんだか得体が知れなくて信用できないが、「ヤフーみんなの政治」は「Yahoo!」とつく分、信頼できるメディアだと勘違いしている先生がいて、言った方がいいのか、どうしようかと悩みました。匿名掲示板の信頼性なんてどこも同じ(どこの便所の落書きが信頼性があるかなんて議論しないでしょ?)ですよね。

|

9月1日(土)「秋風吹く」

 

 強烈な暑さが去って、一気に気温が下がり、秋風が吹いた。そうすると、あの、「もうイヤだイヤだ」と思っていた夏が懐かしい。人間って勝手なものだと可笑しくなります。次の言葉(詩?格言?)を思い出しました。


 「おかげさまで」

 夏がくると冬がいいという、冬になると夏がいいという
 太ると痩せたいという、痩せると太りたいという
 忙しいと閑(ひま)になりたいという、閑になると忙しいほうがいいという
 自分に都合のいい人は善い人だと誉め、自分に都合が悪くなると悪い人だと貶(けな)す。
 借りた傘も雨があがれば邪魔になる
 金をもてば古びた女房が邪魔になる、世帯をもてば親さえも邪魔になる
 衣食住は昔に比べれば天国だが、
 上を見て不平不満に明け暮れ、隣を見ては愚痴(ぐち)ばかり
 どうして自分を見つめないか、静かに考えてみるがいい
 いったい自分とは何なのか
 親のおかげ、先生のおかげ、世間様のおかげの塊(かたまり)が自分ではないのか
 つまらぬ自我妄執(じがもうしゅう)を捨てて、得手勝手を慎んだら世の中はきっと明るくなるだろう
 おれがおれがを捨てて、おかげさまでおかげさまでと暮らしたい

 ある社会活動家の言葉だそうですが、いいですよね。

 現楽天の野村監督の本で知りました。

|

« August 2007 | Main | October 2007 »