« June 2007 | Main | August 2007 »

7月27日(金)「日本人でよかった」

1186381244
 いよいよ、選挙最終盤。昨日、最終に近い世論調査がまた出たようだ。さすがに、民主優勢報道の効果(?)がでたのか、民主が5ポイント程度低下してきた。ここに来ての5ポイントはでかい。

 東京では某党某女性候補が、一人を固めた某党の支援団体が動いて急浮上との話。ここから、最終までの動きは何が起こるかわからない。気を抜けない。

 
 しかい、丸川珠代のポスターの「日本人でよかった」というコピーは何なんだ。見るたびにムカつく(あ、ムカつくことがもう一つありましたね)んだけど。

 何故、海外まで行って広い世界を見てきた人が、そういう偏狭なナショナリストみたいになるのだろうか。そこがわからん。

 もし、僕らがイギリスにいて、イギリスの総選挙で候補者が「イギリス人でよかった(I'm happy being English!)」とか書いてたら、絶対に爆笑するぞ。アメリカでもそう、「アメリカ人で良かった」とかかかれてたら、ぷぷぷ・・・。


 日本人が良くて、韓国人や中国人やインド人やタイ人はダメなのか?大体、海外(欧米)へ行ったら、アジア人なんて皆一緒にしか見られない。アフリカの国の人なら不幸なのか?日本人でもクソな奴はクソ。他国人でもいい奴はいい奴。肌の色や国籍の何が関係あるのだろうか?

| | Comments (5) | TrackBack (3)

7月26日(木)「ファウンティンズ・オブ・ウェイン(fountains of wayne)」

Dscf40451
 大ヒットした『アルマゲドン』という映画の中に、突如宇宙に行かされることになったブルース・ウィルス率いる石油掘りチームが、NASAに宇宙飛行士になるための精神鑑定を受けさせられる。

 そこでNASAの精神鑑定士に一人のメンバーがこう聞かれるというシーンがある。


 精神鑑定士:「近頃、何かムカつくことはあるかい?」

 メンバー  :「近頃、皆、ジェスロ・タルの話題をしないことだ」

 精神鑑定士:「何だって?」

 メンバー  :「ジェスロ・タル」

 、解説するとジェスロ・タルって、プログレというかハード・ロックの音の上に、イアン・アンダーソンというおっさんが片足で立ってフルートを吹き、歌うというわけの分からないバンドで、一般的なアメリカ人ならまず聞かないバンドだ。知っている人には大爆笑ということになる。


 前フリが長かったですが、近頃ムカつくことがあって、それは皆がファウンティンズ・オブ・ウェイン(fountains of wayne)の話をしないこと。

 クリスとアダムの二人が中心となるバンドだが、この二人のソングライティング力たるや、70年代のスティーリー・ダン、10cc、80年代のスクィーズを彷彿とさせるものがあります。映画『ラブソングができるまで』で80年代ポップ満開の曲を作っていたのも彼ら。ポップ職人というかポップ・ウィザードです。

 歌詞がまたスティーリー・ダンを髣髴とさせる皮肉とアイディアたっぷりの変わったもの。同級生のお母さんに恋する歌とか陸運局の受付を待ちながら、受付の女の子を歌った歌とか、スターになった同級生を田舎で待ち続けてる男の歌とか、すべてしびれます。

 あまり器用すぎて、趣味がよすぎて売れないのかもしれませんが・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月25日(水)「ラスト」

 ラスト4Days


| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月24日(火)「笑顔の消える時」

 選挙、いよいよ最終盤へ。毎朝、溜池の交差点の所で踊り続けているマック赤坂の顔からも笑顔が消えたらしい。

 日本スマイル党なのに・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月23日(月)「コメ一揆」

 麻生外相の富山県高岡市の講演での、「アルツハイマーでも分かる」発言が話題になっているが、その「アルツハイマーでもわかる」基になった米の値段が日本の数倍っていうところを証明というか、内容がどうなっているのか調べる仕事がきて、ネットで検索しても、アルツハイマー発言は引用しているが、米の値段の点について、書いているものが見つからなかったので書いておきます。

 とりあえず、事実を引用すると

麻生外相は19日、富山県高岡市で講演し、日本のコメの対中国輸出が再開したことに関連し、「(日本では)コメ一俵1万6000円くらい(で販売している)。中国ではキロ1300円で売られているから、一俵で7万8000円だ。7万8000円と1万6000円はどっちが高いか。アルツハイマーでもこれくらいは分かる」と述べた。

 で、今回中国に輸出された米は、松岡前農水大臣の時に初めて許可されて、中国向けに輸出された24トンのことを指す。これまでは防疫の関係で、中国向けの輸出はされていなかった。

 で、今回は試験的に出荷されたもので、輸出先は全中で輸入引受先は中国糧油食品進出口有限公司(cofco、中国最大の穀物、食品油の貿易会社の一つ)。販売先は北京が太平洋百貨店とイトーヨーカ堂、上海が久光百貨店、新鮮館となっている。

 輸出銘柄は2種類で、それぞれ12トンづつ。で現地価格と日本国内の小売価格は下の通り。

○現地販売価格
 ①新潟県産コシヒカリ:約3000円/2kg
 ②宮城県産ひとめぼれ:約2800円/2kg

(参考)日本国内における小売価格
 ①新潟県産コシヒカリ:約1030円/2kg
 ②宮城県産ひとめぼれ:約830円/2kg

 
 で、安倍首相が言っていた「一俵10万円」というのは①の新潟県産コシヒカリを1俵=60kgだから30倍すると9,0000円になって、(ざっくりすぎるが)ざっくりと10万円といえなくもないから、これを指しているのだろう。

 麻生外相がいっているのは、②の宮城県産ひとめぼれの30倍で、2800×30=84000円、あれれ?7万8千円にはならないけど、まあ政治家っていうのはざっくりしているから(特に太郎ちゃんは)、これを指しているのか??それにしても、一体、7万8千円ってどこからでてきたんだろう??

 さらに、日本の小売価格が830円×30=24900円だから、1万6000円というのもどこからでてきたのか謎だ。想像だが、太郎ちゃんは日本の米の価格を知らなかったんではないかな。

 ま、そんなわけで、今回初めての輸出ということで、プレミア価格でもあって、非常に特殊なものを、一般的なものだと誤解を与えるような言い方をしているということです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月22日(日)「乱玉忍太郎」

 降ったり、やんだり、曇ったり、また降ったり。

 銀座歩行者天国は各党入り乱れて大変だったそうです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月21日(土)「バールにともる灯」

P72100281
 選挙期間中、二回目の世論調査の結果が各社でたようだ。

 夜半、偶然自民党本部の前を通りかかったが、慌しい人の動き。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月20日(金)「公選ハガキ」

Dscf4041
生まれて初めて公選ハガキが来ました。

 これだけ政治にかかわっていて変なのだけれども・・・・・。衆議院選はもちろん参院選の候補者なんて15万通、公選ハガキとして無償で郵便を出せるのだが、僕みたいに組織とか団体に属していない人には、めったに来ないものです。


 候補者は元大阪府議の尾辻かな子さん。これまでのHPとかの写真とえらく違うな~。カッコいいけど、写真が違うと別人と認識されるから、あまりこれまでのイメージと違うのはどうなんだろう。


 いよいよ、参院選終盤へ。組織と組織がぶつかり合う、骨と骨が軋みをたててぶつかり合うガチンコ状態へ突入。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月19日(木)「Aftermath」

 マスコミ各社の選挙中間予想の発表を受けて、早くも選挙後の動きを睨んだ取材が活発化。

 大体、噂(予想?)になっているのは次のとおり。

 自民党は、安倍退陣決定的か。次は福田か、麻生か。9月の総裁選で交代か(野党側としては、安倍の方が衆院選を闘いやすいので残っていて欲しいが・・・・)。

 与党参院過半数割れを予想して、連立、一本釣りのシュミレーションが始まっている。国民新党は予想半々。他に予想されているのは、新党日本を離脱した荒井広幸氏と民主会派を離脱した某氏と、後2人。但し、二人は比例なので、無所属会派で連立か。他に誰が行く可能性があるのかは各社調査中。

 そう考えると、過半数を取ったとしても、相当上回らないと、与党が過半数を維持する可能性がある。

 このほか、どこまでどちらが手を突っ込むかで、諸説紛々としている。

 民主党の選挙後の新人が、どこのグループに所属するのかについても、当選可能性とあわせて各社の調査が始まっている。

 以上、まだ選挙も終わっていない段階の話なので、こういう噂があるということで、ご参考までに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月18日(水)「柏崎」

 新潟県中越沖地震で、現地に行っている人からの写真をみる。予想以上にひどく、生生しい。

 選挙中に災害が起こると、与党に有利に働くのが普通だが、柏崎刈羽原発のグダグダで、与党側のマイナスに。何が起こるかわからない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月17日(火)「激流/奔流」

 明日の選挙中間の世論調査のマスコミ発表を前に、代表名で、「緩めば負ける。必死で戦え」という旨の檄文が入る。噂では、民主党の伸びが大きいようだが、どうなるか。参院選は、あっと言う間に流れが変わる。98年の橋龍大敗選挙でも、投票1週間前まで自民党有利だったのが、1週間で流れが変わってしまった(しかも、当日の出口調査まで、自民の敗退を予想したマスコミは少なかった)。

 最後のビラ一枚まで、最後の一人まで訴える必要がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月16日(祝)「票の獲得」

Dscf39651
 国民新党、ペマ候補とフジモリ候補の車と遭遇しつつ、渋谷に向かうと、大川総裁の『インディーズ候補列伝』にも出ていたマック赤坂が、自ら歌を歌い踊っていた。

 が、注目する者ほとんど無し。反対側の109のカリスマギャルの大人気と比べると、「イタイ」を通り越してシュールですらある。

 やはり、作為がプンプン臭うものに人は反応しないのだろうか。


Dscf39611
 同じ頃、政界と関係ない友人から、「秋葉原にトゥナイト青木がいる!この人、元議員だっけ??」というメールが。

 愛ちゃん、いや愛先生頑張ってるなぁ。比例代表はほんとうに票の取りにくい選挙だが、当選できるのだろうか。

 青木愛さんのHPのアイドルっぽさ(というかそのまま)にのけぞりましたが、そういえば、同じネットでの支持を見込んでいるはたともこは大丈夫なのだろうか。三軒茶屋の近辺の246沿いの暗い場所に事務所を構えているのを昨日発見したが。

 愛さんがこれぐらい可愛い・アイドル路線で来ている以上、はたともこは悪役路線を歩むしかないと思うのだがどうだろう。悪役もダースベイダーやシャーのように強烈な個性で主人公を食ってしまう場合だって往々にしてあるのだから。

 こうなったら、「意地悪ケアマネージャーはたともこ」とかにイメチェンして、イメージカラーのピンクもやめて灰色かなんかにして、愛ちゃんの街頭演説に必ず乱入するとかしたらどうだろう。

 双方のファンもそのうち、「おい、もうすぐ愛ちゃんが演説を始めてから15分だ・・・・。もうすぐ、もうすぐくるぞ・・・・キターぁぁぁぁ、今度は後ろの看板の影からだ、うぉおおおー」とかなって、両者とも浮上する可能性があるのではないだろうか。

 半分冗談ですが(半分マジかよ)、比例代表は、本当に票の取りにくい選挙です。


(写真上)踊り続けるマック赤坂。ほとんど注目されてないことに注目。
(写真下)誰だかわからないけどギャルのカリスマ。こちらは大人気

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月15日(日)「亜熱帯」

 昨夜から午前中にかけてものすごい雨。水を吸ったジーンズが重い。

 午後から、雨が上がるも亜熱帯のような気候と雲の動き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月14日(土)「雨の三連戦」

 三連休で、各候補者は有権者にアピールする特別の日程を組んでいるのだろうけど、雨で大変では。

 渋谷区、港区、千代田区近辺でやたらと国民新党(とその候補者)の車を見るのだけど、誰か有力な支援議員がいるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月13日(金)「Twang」

 この日何やっていたか、忘れた・・・・。後から書こうとするとこういうことが起こります。

 で、最近のお気に入りはイギリスの新人バンドTwangです。ロッキン・オンの小川智宏さんのVJで、日本のレコード会社の人が現地へ行って撮ってきたという映像を見たことがあるのですが、というか、何故かその時は頭だしがうまくいかず延々とリハーサルの風景を15分ぐらい見続けて、結局ライブ本番の映像はみれずじまいでしたが、その変な映像でも実力の程は十分に知れます。

 おっさんぽい革ジャンの5人組で、柄悪そうなんですが、何故かヴォーカルが二人いて微妙に綺麗にハモってたりします。曲もいいです。デビュー前から、イギリス期待の新人No2になるだけあります(1位はMIKA)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月12日(木)「出陣!」

Dscf39091
 いよいよ参議院選、公示日となりました。早いですね。これからどんな戦いになるのか(投票日29日)。


 築地での出陣式に向かう途中、国民新党の第一声に遭遇。
 
 選挙後、連立?のキーになると言われているだけあって、マスコミも沢山取材に来ていた。

 亀井先生の声が綿貫先生の声の10倍ぐらいでかくてびびります。

Dscf39161
 下って築地市場で、新党日本。自民党からの離党組みが離反し、康夫ちゃんと有田さんらの数名になってしまいましたが、どうなるのでしょうか。

 康夫ちゃんは相変わらず精力的に市場内を駆け回りまくり。康夫ちゃんは多分議席を取るだろうけど、選挙後はどういうポジションを取るのだろうか。


Dscf39461
 ようやく、築地本願寺で民主党候補。

 浄土真宗本願寺派(西本願寺)が33年ぶりに立てた候補、藤谷光信(ふじたにこうしん)さんの出陣式に参加。

 先生もお坊さんも県会議員もやっていただけあって、話が上手。小泉政治以降の、心と社会の荒廃に対し、宗教家として立ち上がらざるを得なかったという話をされていた。

 帰りに、東京選挙区の川田龍平さんの選挙カーに遭遇。噂では当確で、最後の一席を民主大河原と共産が争っているらしいのだが、そんなに支持があるのか。


 最後まで頑張ります!!


(写真上から)
国民新党、綿貫代表、亀井代表代行、ペマ候補等
新党日本、田中康夫代表・候補
民主党、藤谷光信候補

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月11日(水)「雨がとまらない」

 明日からいよいよ選挙!雨の中の出陣式、全国で大変だろうな(選挙中も大変です)。

 雨が候補者の頬を打つ!選挙が終われば当選者が有権者の頬を打つ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月10日(火)「鼻水がとまらない」

 ということはまったく無く、体は快調です。いよいよ明後日の公示日に向けて、準備など大変です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月9日(月)「涙がとまらない」

 小沢代表の会見をみて、「もう、涙がとまらん」というお電話をいただきました。相当良かったのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月8日(日)「Boy's Connection」

 カレンダーでは休日ですが、選挙前なので、色々と連絡(仕事)が入ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月7日(土)「やらせLiveEarth」

Dscf38981
 元大統領候補のアル・ゴアが提唱したという、環境問題に目を向ける為の7大陸で同時に行われる「Live Earth」というイベントが行われた。

 ここまで書いただけで胡散臭いのだが、やはり胡散臭さに皆、敏感なのか、豪華な参加ミュージシャンの割りに、イギリスのウェンブリー・スタジアムも売り切れなかったみたいだし、日本の幕張メッセでも、随分チケットが売れ残ったようだ。

 大体、リンキン・パークと大塚愛と倖田來未とCoccoを一緒にしてどうすんじゃ、という感じがしますが・・・。

 それ以前に、ゴアは眉をなんとかしろ!


 現地に行った人によると、リンキンが始まると、前に押されて、二曲目で中断。TV曲のプロデューサーらしき男がでてきて、「下がってもらえないと、再開できません。ハイ、そこ4m下がって」と、延々と中断。メンバーと客を延々と待たせたらしい。しかも、人命的に押されて前の人が危ないのかと思ったら、TV放送用のケーブルが危なかったのこと。

 録画用のカメラは客席の頭の上をブンブン回るし、金を払って、公開録画の収録に協力したみたいだったらしいです(しかも1万円!当日1万2000円!)。
 
 TVに関わっていると、映像至上主義で、段々傲慢になるのだろうか・・・・。仕事によって、勘違いしやすい職業があるのだろうか。


 リンキンはすごく良かったらしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月6日(金)「Rise and Fall of 祭り」

243
 企業でも政治家でも、スキャンダルが出た時の対応の重要性はいうまでもありません。イギリスでスピンドクターの勉強をして、クリントンの情報・選挙対策チームのことを調べたりもして、自分なりに、「こうしたらいいんだろうな」というのが大体ありました。

 最近、身近でそういう事例の発生があり、物理的な関係はともかく、意思決定とは離れた所にいたので、割と冷静に事態の推移をみることができて、「やっぱり」と思うことと、「なるほど」と思うことが何点かありました。

 やはり基本は、「できるだけ早く」「主張すべきことは主張して、謝るべきことは謝る(悪いものは全部出す)」「逃げない」。前提として、「錯綜する情報の中から全体を素早く把握する」「何がポイント(争点)になっているのか素早く抽出する」。ことなどではないでしょうか。

 言うは易しですが、実際の局面になって、すっとやれる人はそういないんではないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月5日(木)「国会終了」

 国会終了!お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月4日(水)「嵐に耐える」

 嵐のような嵐。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月3日(火)「隣人の事情」

 国会はほとんど終わっているはずなのに、何故か明日委員会で質問があったりする・・・・。事務所により色々です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月2日(月)「ヘビー・ソウル」

Dscf38771
 事務所の特殊事情で、電話鳴りっぱなし・受けっぱなしで疲れました・・・・。


 夜、早めに逃れて、くるり/THE HOLLOWAYS/EARL GREYHOUND/PATRICK WOLF などがでるEX-PRESSというイベントに行ってきました。

 途中から観たEARL GREYHOUNDは、「美形の長髪白人」(レコード会社資料)のリード・ヴォーカル&.ギタリストと黒人女性のベーシストと黒人男性のドラマーの三人組。しかし、ギターの人が何故か、「ストップ!ひばりくん」にでてくる「梶先輩」に見えてしょうがないんですけど。

 よく考えたら、構成はジミ・ヘンドリックス&エクスペリアンスと逆ですね。

 「今頃、この音を出すか!」というような、60年代&70年代テイストのハード・ロック(死語か)。実は結構好きな音です。ま、そこはやっぱり2007年の音になってます。ドラムの音が最近無いぐらい、でかくてヘビーで最高でした。

Dscf38871
 イギリスで期待の新人THE HOLLOWAYSは「Generator」という曲とプロモを観て、「変なバンドだな」と思っていたのですが、実際見ると、まず「上手い!」「聞きやすい」「面白い!」と、期待されているのが良く分かる奴らでした。音はスカをベースにしているようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月1日(日)「携帯格差」

 携帯電話(とキャリア)を変えましたが、料金プランとか契約内容とか特約とか特典とか、複雑すぎて分からん。これ、ほとんどの人が分からずに契約してるんじゃないのかな。販売(説明)している方も、全然分かってなかったりするし・・・・。生保の特約とか社保庁みたいにならなきゃいいけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月30日(土)「GLASTONBURY」

Glastonbury
 21:00からのレイト・ショーで映画「GLASTONBURY グラストンベリー」を見ました。

 レイトショーでしかやってなくて、しかも東京でも渋谷の一館でしかやっていないというマイナーな映画でしたが、レディオ・ヘッドやビョーク、ジョーストラマーやブラーなどがでている貴重な映像が見れそうなので、初日にGO。

 ライブ映像が中心かと思っていたら、社会的な背景とかがギッシリ織り込まれていて、確かにグラストンベリーというのは単なるロックフェスじゃなくて、60年代のヒッピーの流れから、70年代の冷戦、反核運動(反サッチャリズム)の流れを色濃く受け継いでいるんんだなと発見しました。左翼というかリベラル思想の聖地みたいなとこもあるようです。

 この社会と音楽のかかわりの濃さをみて、改めて、何故、自分が政治と音楽(特にロック)に激しく惹かれるのかを再認識しました。両者は「似ている」というより「一体」ですな。

 ライブの演奏部分は意外なほど少ないのですが、ビッグスターになる前の、もう、上り調子の時期にある人達の貴重な映像はそれだけでも見る価値あり(それと音が異様に良い)。
 
 「いや~、面白いな~。しかしマニアックすぎて一体誰に薦めたらいいんだろう?俺的には面白いが・・・」と思っていたら、映画館を出た所でぴあの取材の人につかまりインタビューを受けてしまいました。もしかしたら7月5日発売の号にでているかもしれません。「いや、絶対、すべての人に大推薦ですよ~」みたいなことを言ってしまってますが・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月29日(金)「俺の若い頃は朝まで酒を飲んで、そのまま仕事に行った」

 非常に不安定なスケジュールのまま推移。いつ衆議院の本会議が開かれるのか、19時説、20時説、所要時間も、1時間説、2時間説など色々と飛びかう。

 結局、衆議院は20時スタート。参議院も、「未明」までと言われていたが、最後は野党が本会議を退出したので、明け方までかからずに終了。参議院はお年を召した先生が多いから、辛かったというのが本当の理由だったりして・・・。

「俺の若い頃は朝まで酒を飲んで、そのまま仕事に行った」とかいうのは大概嘘ですよね。神戸の港でバナナの積み下ろしのバイトをしているときに、さんざんその類の話をきかされました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »