« 2月14日(水)「All I realy want」 | Main | 2月16日(金)「都知事選 菅直入(すが・なおいり)出馬へ」 »

2月15日(木)「300Days」

Tool
 最近、突如盛り上がってきた民法772条問題というか、「離婚300日以内誕生」問題。

 昨日、議員会館で超党派の勉強会が開かれたり、首相が見直しの示唆をしたり、法務大臣が見直しの示唆をしたり、かなり盛り上がっているように見える。

 民法772条とは嫡出推定の規定で「離婚後300日以内に誕生した子は前夫の子」とするもの。

 前夫の子どもでないとするには、前夫に嫡出否認の訴えを起こしてもらわないといけないという手間がある。

 早産で子供が生まれた場合なども含まれるし、嫡出否認の裁判を終えても戸籍に前夫の名前が残るなど、当人にとって色々大変な問題があるとされている。

 民主党所属の兵庫の県会議員さんが、自分自身が当事者で熱心に活動されている。


 まあ、首相答弁とか大臣答弁とか、何となく進んでいるような感じは受けるんですが、良く聞いてみると、実態調査をしだしたところらしく、しかも、自治体の窓口の人の記憶に頼った調査という結構あやふやなもの。

 事実上、どれぐらいニーズがあるのか調査して、「慎重に」検討する段階のようだ。

 誰の子どもか?という問題はDNA鑑定とかすればすぐ分かりそうなものだけど、そこに手をつけると遺伝子情報とか遺伝子操作とか、ややこしい問題がでてくるので、パンドラの箱を開けたくないのが本音のようだ。与党の議員さんも、昨日の勉強会にでてくるだけでも「リスクを背負ってでてきました」といってるぐらいだから・・・。

 どうなんでしょうね。


|

« 2月14日(水)「All I realy want」 | Main | 2月16日(金)「都知事選 菅直入(すが・なおいり)出馬へ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2月15日(木)「300Days」:

» 偽の出生届が”合法”に [heart-to-heart]
朝日新聞2月17日34面 民法「離婚300日以内は前夫の子」規定 偽の出生届が”合法”に控訴棄却  交際中の男性との間にできた男児を、離婚した前夫の子どもとしたうその出生届を提出したとし、中国人女性(28)が大阪地検から公正証書原本不実記載・同行使の罪で起訴された。しかし、男児が民法772条の規定で前夫の子と推定される「離婚から300日以内」に生まれていたため、違法な届け出ではなかったことが公判開始後に判明。大阪地検は16日、女性の行為は罪にならないと判断し、大阪地裁に控訴取り消し... [Read More]

Tracked on 2007.02.17 12:07 PM

« 2月14日(水)「All I realy want」 | Main | 2月16日(金)「都知事選 菅直入(すが・なおいり)出馬へ」 »