« April 2006 | Main | June 2006 »

5月30日(火)「党パーティー」

Dscf14281
 党のパーティー「前進2006」がニーオータニ東京で行われた。すごい数の来場者。落選中の前議員さんも沢山来られていた。この前会ったから懐かしくはないけど本多平直さんも来ていてガッツポーズ。

 党三役、代表代行、国対委員長に次いで人気なのは、太田和美先生。

Dscf14311
 あと、秋の補選にでてくる実現男(!)後藤祐一氏にも遭遇。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

5月29日(月)「下妻物語 尼崎」

Photo_001
 地上波のTVで今夜『下妻物語』をやるそうで。ロリータとヤンキーの女の子の話です。あまり期待してなかったけど、結構面白かったです。お時間のある方は是非どうぞ。但し、尼崎(ジャージー・カントリー)のことを良く描きすぎているような気がww・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月28日(日)「宅録」

Img10353092216
 バンドでやる曲のデモ・テープを作ってくれといわれて、多重録音のできるマルチトラック・レコーダーを楽器屋に見に行ったんだけど、すごい機能(かつ安い)すぎて、買わずに帰ってきてしまった。

 うーむ、技術の進歩はすごい。後はどうオリジナリティを出すか(とハート)だけなんだなぁと改めて思いました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月27日(土)「キャンペーンガールに気をつけろ」

 DCMXとかいう銀色の紙袋を容姿端麗のお姉さま方が街で配っている姿を最近良く見かけるが、なんだろうと思ってもらってみると、ドコモのケータイクレジットで1万円までなら審査無しで利用できると言うもの。
 なるほどよく考えてるなぁ、と思う。

 この前から「ノンバンクPT」というので貸金業について、色々議論したり外部の人から話を聞いたりしているのだが、なにせ個人向けのいわゆる消費者金融って、(企業の規模にもよるが)調達金利が超低金利下でましかすると1%程度で、貸し出し金利が低い所で法定金利の15%で貸しても大儲け、グレーゾーンギリギリの29.3%で貸したら大大儲け、もっと高い金利で貸せば超儲けとなる。
 もちろん経費率と貸し倒れ率があるので、単純ではないが、ドコモがやっているような「まず1万円程度」のクレジットで、翌月の電話料金と一緒に引き落とされるなら貸し倒れも少ないと考えられる。しかし金利は何%になってるかしらないけれど、おそらく20数%以上になっているだろうから金額は小口でもかなりの儲けになるはず。そりゃ、キャンペーンガールを雇ったり、コラボ・カフェなんて経費をかけて出来るわけだ。

 くれぐれも外見に惑わされて、判断を誤らないように。(新聞広告によるとDCMXの加入者は1ヶ月で15万人なんだそう・・・)。多重債務者も最初は、カード会社のリボルビングとか、大手サラ金のちょっとした金額から始まって、段々債務が雪だるま式に膨れ上がっていくパターンが多いらしい。


 しかし、貸金問題、知れば知るほど難しくて、貸金業の人は、「上限金利を40%から29.3%に下げてからヤミ金融が増えた。需要を無視した規制をすると闇にもぐって取締りが難しくなる」と言うし、弁護士会などは「高すぎる金利が多重債務者を生む」としてグレーゾーン金利の撤廃を求めており、意見が対立している。
 貸金業の人によると、「せっぱつまっているひとは、1500%でも借りる。長期的なことなんて考えてない」とか言ってた。すごい世界だ。

 実は貸金業だけの話じゃなくて、大手銀行、外資銀行はほとんど皆、貸し金業の子会社を持っていてはっきりいってそこで「しか」稼いでいないといっていいほどだ。子会社のサラ金会社の業績が銀行本体の決算に大いに影響してくる。

 今の広告業界って消費者金融で持ってるところもあるしね。まあ、漫画や週刊誌もほとんど全部の大手消費者金融以下の広告が入っているし。しかし、渋谷の駅前の歩道橋に立ってぐるっとみ回してみたんだけど、前方向に消費者金融の看板がある国というのもどうなんだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

5月26日(金)「We Shall Over Come」

Sessions
 24日発売だったんだけど、色々忙しかったので、やっと昨日ブルース・スプリングスティーンの「ウィ・シャル・オーヴァーカム:ザ・シーガー・セッションズ」とパール・ジャムの「パール・ジャム」を入手できた。

 両方ともじっくりと重みがあってかなりイイ。しかし、よく考えたらこの二組とも、ブッシュ再選阻止に向けて立ち上がったヴォート・フォー・チェンジで激戦区をツアーして回ったメンバーだった。

 それ自体が日本では考えられないことだけど、それでブッシュが再選された時の虚脱感というのは計り知れないものがあったのだろうと思う。

 スプリングスティーンの「シーガー・セッション」はフォーク歌手のピート・シーガーの曲や彼が取り上げていたトラディショナルを、一発撮りで録音したもの。似たような企画でイギリスのビリー・ブラッグが放浪のフォーク詩人ウディ・ガスリーの残された歌詞に曲をつけて、ウィルコというバンドとともにレコーディングしたものがあったがそれもいいレコードだった。

 ライナーを読んで初めて知ったのだけど、ピート・シーガーとウディ・ガスリーは一時期コンビを組んでいたらしい。

 スタインベックの「怒りの葡萄」に描かれているような30年代の大不況の時代のシンガーが最近取り上げられているということは時代背景に似通ったものがあるのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月25日(木)「愛国心が止まらない」

Ccb01
 教育基本法の審議が始まってから国会前での集会・デモが結構続いている。議員会館の部屋が暑いと窓を開けざるをえなくなるんだけど、そうすると位置関係上、マイクで喋ってる話が聞こえてきて気になってしょうがない。ここの職場はある意味これに耐えないとしょうがないのか。

 ま、それはいいとして、はっきりいって教育基本法改正に関しては、自民党も民主党も手ぬるい!私なんかもう愛国心が強すぎて強すぎてw日の丸なんて何時間見てても飽きないし、弁当にだってデザインを取り入れたりするし、やっぱり外国の軍隊が我が国にいるということは不愉快だし、さらに外国人が日本人を抑圧するのは耐えられない以上に共謀罪みたいな法律で自国人が自国人を監視・抑圧するみたいな状況は頭にくる。

 正直、右翼の人がどうやってこの溢れ出る愛国心を抑えることが出来ているか教えて欲しいぐらいだ。教育現場でも、愛国心をどうやって抑えるかを教えた方がいいと思う。でないと、もう本当に、愛国心が溢れ出すぎて苦しいんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月24日(水)「事業仕分け」

 院内で構想日本主催の「国の『事業仕分け』について」というセミナーがあった。部屋が小さかったこともあるが参加者が一杯で、国会議員でも立って聞いてたり、帰ってしまったりという大盛況。

 構想日本がこれまで15自治体で実施してきた「事業仕分け」について、実演を交えながら説明するというもの。前宮城県知事の浅野史郎、前志木市長の穂坂邦夫さんらも参加して、どうやって国とか県とか市町村とかが行っている事業を、公なのか(公のうちどこがやるものなのか)、民間なのか、不要なのかを仕分けする。結果も興味深いものが出ているらしい(そこの説明はあまり無かった)。

 こうやって仕分けするというのは非常に面白い。穂坂さんなんかも、国と都道府県と市町村で重複していたり色々な理由で「無駄なことがヤマのようにある」といっていたが、本当に結構あるんだろうな。

 ちなみに15自治体とは、9県:岩手、秋田、宮城、新潟、千葉、長野、岐阜、三重、高知、6市:新潟、横浜、三浦、多治見、高島、岡山です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

5月23日(火)「祭りのあと」

 明日から教育基本法の実質審議入り。総理出席、TVありの質疑が行われる。共謀罪はあいかわらず音沙汰無しのまま。もうこの国会は26日に参議院で行革法が成立し、後は医療改革法が成立したら、ほぼ終わりという考えなのだろうか。

 教育基本法といっても基本法だから、ま、大した事無いといってしまえば大した事ないのかもしれん(あ、この発言はマズイか)し、共謀罪なんていっても法務省の刑事局が熱心なだけで誰かが得するという法案でもないから、急いでやる理由がなくなってきたのか。国民投票法案っていっても、急ぐ必要もない法案だし。

 ヤマは越したのか???


| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月22日(月)「プレスリーとアメリカ」

Bvcm37579
 19日(金)に確実と思われた共謀罪の強行採決は河野議長の裁定もあり、突然取り止めとなったが、これにはもちろん、強行採決した場合は全審議をストップさせると民主党国対が宣言していたこともあるし、与党側でも色々事情があったようだ。

 某タブロイド紙によると、小泉首相には6月30日からの訪米が決まっていて(すみません27日からでした)、もちろん首相として最後の米国訪問であるし、プレスリーの生家訪問を楽しみにしているので、共謀罪の19日(金)の強行採決にストップをかけたのだという。

 もし強行採決して、衆参全委員会がストップすると、会期(6月18日)の大幅延長しないといけなくなり、そうすると訪米に影響を及ぼすから。

 ま、プレスリーの生家訪問はともかくとして(すみませんマジでした)、結構長期間の訪米を考えているのは事実らしく、さらにG8諸国で唯一訪問していないカナダも訪問するとなると、大幅な会期延長は無理なわけだ。ま、せっかく通した行革法も参議院にまだあるしね。

 もちろん、自民党総裁選の為にも、早めに国会は閉じて、国民の関心が総裁選1つになった方が自民党総裁としても、阿部ちゃんを推す身としてもいいけわけで、そういう意味もあるのだろう。

 なんだか一時、小泉政権もこれで終わりだから、「汚い法案を全部この際通してしまおう」という勢いがあったのだが、それが小泉首相に逆にうっちゃられたという感じなのかもしれない。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

5月21日(日)「優勝」

 法政大学東京六大学野球、春季優勝おめでとう!秋に続いて二連覇らしい。ピッチャーの小松くんというのは一旦大学を出て社会人をやってからまた大学に入りなおした人らしく、年齢は29歳なのだそうです。球速は140Km台を出すしコントロールはいいし、いいピッチャーです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月20日(土)「空から」

 某所で夜中の24:00~30:00という時間帯で映画を見る。ものはマイノリティ・レポートとマグノリア。マイノリティ・レポートはおなじみのフィリップ・K・デュック原作のSFを映画化したもので、未来を予言することができる超能力者の力を使って、犯罪が起こる前に逮捕してしまうというもの。共謀罪の話の時もよくでてくるものなので、興味のある方は是非どうぞ。よく出来ている面白い映画です。

 もう一本のマグのリアというのは、なんとも説明しがたい変な映画で・・・・。めちゃくちゃシュールなのではなくて微妙にずれているところが、すごい。め、現実の社会とか人間関係というのも結構ズレながら進行して行くものだが。しかしこれはすごい。なにせクライマックスには空から・・・が降ってくるんだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月19日(金)「五人囃子」

 とりあえず、法務委員会は13時から2時間開かれることが理事会で決定した。与党側から採決の要請は無し。???。与党は前の修正案を取り下げ、再修正案を提出する。

 しかし、(強行採決)あるかも。

 与党的には会期延長がないとすると今日がギリギリのタイミング。しかしこれを強行採決して、翌週から審議が全部止まると他の法案に影響がでると。ま、しかし水曜日に教育特別委員会でテレビ入り審議が決まっているので、水曜日には民主党は復帰するとの穿った見方もある。本当かいな。


 強行採決があった場合は、街に繰り出して街宣。共謀罪祭りが始まる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

5月18日(木)「祭囃子が聞こえる」

 法務委員会は中断を挟んだ長い理事会の結果、明日11:00理事会、13:00委員会を委員長職権で立ててきた。どうなんだろう、採決は明日は無しか。 わからない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月17日(水)「祭」

A1980_album002 厚生労働委員会で強行採決の可能性高まる。正午ごろか。そのあと、15時からのクエスチョン・タイム(党首討論)どうするのだろうか。法務委員会も金曜日に共謀罪の強行採決の可能性強まる。久々に強行採決につぐ強行採決。祭りだ祭りだ、男達の(女性もいるけど)熱い祭りが始まるぜ!


 そういえば昨日、国会前である団体が、喜納昌吉のハイサイおじさんのメロディーにあわせて、「共謀罪、共謀罪、話した だけで共謀罪」という替え歌を歌っていた。

 ありました。共謀罪のうた フルコーラス

 さあみんなでシンガロング!!

 しかしこの曲の著作権はどうなっているのだろうか。喜納先生・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

5月16日(火)「ヤマヤマ」

 国会はここ数日が衆議院の山場かな。共謀罪の強行採決はとりあえず無し。金曜日に委員会が立った。医療改革関連法案で揉めている厚生労働委員会は、あす正午頃、強行採決か?教育基本法改正が審議入り。

 明日は党首討論。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

5月15日(月)「Into Tommorrow」

20060515184421
 今日は民主党秘書会の総会。私も秘書会規約改正の提案者として、提案理由説明をする予定になってます。が、・・・明日の質問が・・・。

秘書会規約改正は無事、承認をいただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月14日(日)「Mother's Day」

Dscf11971
 政治・選挙の世界って、他の人から聞いて学ぶことは結構あって、いまだに学ぶことは尽きない。

 先日、千葉七区の選挙に入っていた先輩に、「どの時点で『勝てる』と思いましたか?」と聞いたのだけど、その答えは「最終日のマイク収めの時(午後8時)まで全く勝てると思わなかった」というもの。

 外にいた僕らには、途中で「横並び」とか「わずかにリード」とか情報が入ってきていたのだけど、渦中の実感としては全然厳しかったのだな。僕も期間中の休みの日に入って、普通なら盛り上がる選挙サンデー・サタデーにすごい田舎でしょぼしょぼの自転車街宣をやっているのに出くわして、正直「こりゃ、あかんわ」と思っていたものだった・

 それが、その人によると最後のマイク納めの駅前に、動員せずに3000人の人が集まったのをみて、初めて「いけるかも」と思ったのだそうだ(同時にやっていた自民候補のマイク納めは500人程度)。やはり勝つ時というのは一種異様な盛り上がりがあるのかもしれない。3000人が集まっている姿というのは、この激苦労した選挙を支えてきた人達にとっては、涙溢れてくるようなものだったという。

 一方、民主党が駅前でビラ配りをしている中に入ってきて、「自民党です」といってビラ配りする自民党のガッツとか色々見習うべきものがあったらしい。

 ところで、選挙後にTBSと書かれた団体?が「選挙の調査します。千葉七区選挙の真実」という調査ペーパーを各事務所に配っていたけど、あれは一体何だったんだろう?その調査によると、当初から民主党がすごいリードしていて、途中で公明党・創価学会が動き出したので、数百票差になった、というもの。???


| | Comments (0) | TrackBack (1)

5月13日(土)「風林火山」

Dscf12861
 前日の教育基本法の会議は6時ぐらいに終わり、「日本を愛する心を涵養する」に表現が落ち着いたようである。その後もぐずぐず仕事をしていたら、甲府到着が一番最後になってしまった。

 秘書というのは改めて凄い仕事というか、皆良く飲むわ。それで翌朝、かっきりと真面目な会議をするところがまた凄い。

 来られていた方の話を聞いてて思ったのは、民主党の秘書には(というか民主党全体)自民党の流れと社会党の流れと、大きく二派あって、考え方が結構違うんだなと。

 社会党というのは秘書が結構、表面的に立場が強くて、代議士会に秘書会長がでていって挨拶したりとかいうこともあったらしい、自民党というのは秘書が一般の人が思うような親分子分的な関係にあり、秘書の表立った地位は低いけど、小沢代表が代議士会の次に秘書会・職員に挨拶したように、なんというか精神的に持ち上げてくれる。さらに議員(自民系だと「親父」)が落選した時でも、派閥なんかで就職を斡旋してくれるらしいから表面的に落とされて、実質的に上げていると言っていいのかな。

 共産党の秘書さんというのは党からの派遣で、議員よりも偉い秘書もいたらしいから、リベラル系になればなるほど秘書の(表面的な)地位は高いのかもしれない。但し、再就職の世話とかは意外と淡白だったりする。どちらがいいのかは良く分からない。

 まあ、こういう「秘書はどういうものか」といった認識の違いが秘書制度の改変や党などとの位置関係とか役員人事とか微妙に影響を及ぼしていたりするのだけど、こうした多様な考え方が、「バラバラ」になるのではなくて、この前の千葉7区の選挙のように「お互いの強みを生かす」という風になれば、爆発的な力を発揮するんだと思う。

 スケジュール終了後、有志で「生涯負けなし」の武田信玄ゆかりの武田神社へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月12日(金)「エンドレス・フライデー」

 早朝、ノンバンクPT(プロジェクト・チーム)会議。警察庁、金融庁、東京都から闇金の実態と対策についてヒヤリング。

 しかし、最近「貸します詐欺」っていうのまであるんだね。多重債務者にダイレクトメールを送って、「500万円貸しますから、支払い能力を見るために50万円の一次預託金を入れてください」っていっといて貸さないらしい。巧妙なのになると、NPO法人の名をかたって「申し込みしようとしている業者が大丈夫かどうか無料で調査します」っていうFAXを送って、「大丈夫です」っていって、合計70万円ぐらい取っていった業者もいるそうです。

 しかし、騙されるものなんだな~。

 他には、回数券などを使って金券ショップで7割程度で換金させ、1週間後に額面で返金させることにより、法定金利の何倍もの金利を取るという金券金融とか、固定電話の番号(03-)を広告に使っておいて、実態は転送で携帯電話につながる090金融とか(業者の所在地となっている住所が架空)、手口が巧妙です。 よくそんなこと色々考え付くよね。

 東京都が調査したところによると、そういう闇金・だまし金融をやっているのは実は20台前半ぐらいの兄ちゃんが結構多いのだそう。他の消費者金融に勤めていて潰れたりして自分でやりだして、最初はまともにやろうとしていたのだけど、途中で手っ取り早く騙しをやるようになったりする例が多いらしい。

 ほかの事にその頭を使えばいいのに。

 あと、法定金利と出資法の金利の間のいわゆる「グレーゾーン金利」をどうするかという問題がある。サラ金の高金利を事実上認めていることになっているのだが、これを無くすと普通の所で借りれない人がますます闇金融に行くことになるとか、元々バカ高い金利を黙認しているのが問題だとか、与野党ともに色々意見があって非常に難しい問題となっています。

 共謀罪はとりあえず採決回避。

 今夜から、秘書会の役員研修で甲府に行く予定ですが、教育基本法の党方針を決める会議(議員のみ出席可)がエンドレスで設定されていていつ終わるか分からない。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

5月11日(木)「秘書体験」

Dscf12771
 仙台市の松陵中学校の生徒さん(3年生)が一日秘書体験をするということで、私の事務所にも二人来ました。

 明日の委員会の質問要旨を委員部に届けてもらったりする。しくみとか分かってもらえたかな。ちょっと難しいかな。

 果たして二人の目にはどんな仕事だと写ったのだろうか・・・。

 修学旅行の一環で行われたもので、企業に行っているグループもいるらしい。

 午後はディズニーランドに行くそうです。

(仙台市立松陵中学校佐々木佑君と小川原康平君)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月10日(水)「髭」

Elpresidente
 取材やら資料作りやら調査やらで異様に忙しい。しかし、組織犯罪防止とかテロ対策とかいっても、犯罪とかテロを起こす奴は昔みたいにはっきりとした外見ではなくて、ビジネスマンのふりをしていたり、一般人のふりをしていたり、ハッキリした見分け方ができなくなって、今や髭のあるなしぐらいしかなくなった。

 エル・プレジデンテのダンテは髭を生やしていた。異様に首が短く、声が高いのが気になる。ドラムのドーンはめちゃ可愛いい。関係ないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月9日(火)「髪」

 法務委員会共謀罪の参考人招致。ジャーナリストの桜井よし子がなかなか良い。いやー、保守系の人がこういうことにスパッと反対したりすると新鮮だ。しかし、同じような内容でも言う人が違うったり、間が違ったりすると、なんだか違った感じがするなぁ。妙に説得力があったり。やはり髪型のせいなのか。やっぱり髪型って重要なのかな。小泉首相しかりM浪先生しかり、桜井先生しかり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月8日(月)「あたりまえ」

 共謀罪の関係であいかわらずFAX、メール、電話が多い。しかし、受け答えしていると、何故日本の左翼が没落したのかがなんとなく分かる気がする。

 ある人は電話で、「民主党は修正案を取り下げてください。共謀罪は廃案にしてください」と言ってガチャっと電話を切る。廃案・・・っていったって、人数が完全に負けているのにどうやって廃案にするのだろうか。「修正案」というもの自体が気にいらないんだろうけど、中身をみたら抜本的な変更で、修正案というよりは実質的な廃案に近いのに、中身もみずにとにかく嫌いなのだろう。

 あるジャーナリストの方は、「体を張って止めるというのはどうですか。牛歩戦術をしている間に、『一体、何をしているんだろう』と世論が盛り上がりませんか」とおっしゃってたが、そういう可能性も無きにしもあらずだろうけど、今のご時世で牛歩なんてやったら、それこそ世論の袋叩きだろう。審議拒否、国会空転だって受け入れられるかどうかわからない。

 さらに市民団体系の人によくあるのは、頼みに来るのは頼みに来られるが、全然、選挙とか応援とかに結びつかない。以前から、審議状況やら何やらよく電話などでこちらに聞いてきていたり、お世話をさせてもたってた人は、この前、民主党が集会やってる隣で、社民党の集会にでてた。

 傍聴券の依頼も、当たり前のように依頼される。委員会、理事会前のものすごく忙しい時間帯に第二別館まで走っていって帰って来るのは結構大変なのだ。

 そして、選挙になったら電話一本、電報一本(まあ、そんなものいらないけど)かかってこないのは、前の選挙で実証済み。人には頼むけど、自分が何かするという発想がないのだろうか。

 その点、保守系の団体というのは、よくやるというか、自分たちの団体の目的の為に、選挙になったら票は出す、人は出す。手伝えなかったら金を出す。

 いや、全部の団体にそういうことをしてくれと言ってるわけではなくて、そういう事実があるということです。

 そう考えると、日本は右傾化しているのではなくて他人を思いやることの無い左翼が勝手に自滅していっただけなのかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

5月7日(日)「それぞれの雨」

 雨。窓を叩く激しい雨。霧のような雨。連休の終わりで人もまばら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月5日(金)「Radio,Radio」

Abb
 久しぶりにラジオを聞いてみたいと思ってラジオを買う。というのは、NHK-FMで渋谷陽一のワールド・ロック・ナウという番組が金曜日の23:00~24:10までやっていると知ったからなんだけど、買った割には今日は何故かやってなかった・・・。

 しかし、最近のFMってくだらない喋りと宣伝の部分が随分多くなったんだね・・・。昔、音楽専門ノンストップみたいな宣伝をしている局とかなかったっけ?

 翌早朝、寝ぼけながらラジオつけていたら、ピーター・バラカンがDJをやっている番組があった。フィル・ウォールデンというオーティス・レディングやオールマン・ブラザーズ・バンドのマネージャーであってカプリコーン・レーベルを主催していた人が亡くなったので、その追悼特集。

 ごく早朝から、オールマン・ブラザース・バンドとかオーティス・レディングとかマーシャル・タッカー・バンド(!)とか流れてくるのはキッツいものがあったが、それでもオールマンBBは良い。良い良い。改めてすごい音を出しているバンドだ。24歳でデュアン・オールマンが亡くなったのがかえすがえすも惜しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月6日(土)「誰がために鐘は鳴る」

 レイモンド・カヴァーの『大聖堂』なんかを再読してみて、何でこんなすごい小説だということに(あまり)気が付かなかったんだろうと思う。「ささやかだけど役に立つこと」などの救いのなさとほんの少しの救済の可能性など、結局割と長く生きてきて、救いのない事柄に沢山逢うようになって、「そうだよな。救いのないことってほんとにいっぱいあるものな」と分かるようになったのかもしれない。

 死、病気、突然の不幸・・・人は何故、厳しい、救いようのないような生を生きなければならないのか?

 答えは分からないけれども、そのような時、ジョン・ダンの詩を思い出す。

なんびとも一島嶼にてはあらず、
なんびともみずからにして全きはなし、
人はみな 大陸(くが)の一塊(ひとくれ)、
本土のひとひら
そのひとひらの 土塊(つちくれ)を、波のきたりて洗いゆけば、
洗われしだけ欧州の土の失せるは、さながらに岬の失せるなり、
汝が友どちや 汝(なれ)みずからの 荘園(その)の失せるなり、
なんびとのみまかりゆくもこれに似て、
みずからを 殺(そ)ぐにひとし、
そはわれもまた人類の一部なれば、
ゆえに問うなかれ、
誰がために鐘は鳴るやと、
そは汝がために鳴るなれば

No man is an island,
Entire of itself.
Each is a piece of the continent,
A part of the main.
If a clod be washed away by the sea,
Europe is the less.
As well as if a promontory were.
As well as if a manner of thine own
Or of thine friend's were.
Each man's death diminishes me,
For I am involved in mankind.
Therefore, send not to know
For whom the bell tolls,
It tolls for thee.

John Donne
Devotions upon Emergent Occasions, no. 17 (Meditation)1624 (published)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

5月4日(木)「ムネオさんのこと」

 鈴木宗男議員の自宅に空き巣が入るというニュース。宗男さんって南青山4丁目に自宅があるんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月3日(水)「プラス・マイナス・ゼロ」

 共謀罪の関係でいろんな電話や団体の対応をしていたのが原因だと思うのだけど、意外と疲れてる。

 長銀の最後の所で、クレーム客に対応しまくった時の疲れ方と似ている。クレーム対応が上手いとか言われて、がんがんヤクザもんみたいな人の対応に出さされたものなぁ。思うんだけど、誰でも帳尻が合うようになっていて、その時は上手く対応しているように見えるのだけど、知らず知らずのうちに負の部分が溜まっているのではないだろうか。

 誰でもヤなものはヤだしね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

5月2日(火)「珍しい人達」

 連休の合間。休んでいる所が多くて行く所がないのか(?)珍しい人達が来訪。資料読み。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月1日(月)「もっと信託してください」

 連休の合間ですがしっかり仕事してま。共謀罪の次にかかってくると思われる信託法の資料読み。これも変な法案で、信託銀行とかの業界も学会も、「え、そんなことするの?」と本音では言っている「信託宣言」とか「限定責任信託」とか不思議なものが結構入っている。

 「信託宣言」というのは、普通は信託というと委託者(財産などを第三者に預ける人)と受託者(財産を預かる人)と受益者(その財産から利益を得る人)という三人がいるのだが、委託者が「信託宣言」すると自分で委託者と受託者を兼ねられるというもの。

 「信託」という概念が曖昧になるということで、業界などは懸念しているのだけど、規制緩和になるということで経済産業省あたりが推進しているらしい。ダイヤモンドなどの記事にも出てたけど、「限定責任信託」などとあわせて、ホリエ的な使い方ができるということでかなりアブないものになりえる。

 なんというか、法律ができた時には、世情が変わってしまったという感じかな。

 限定的な地価上昇だからあまり問題になってないのかもしれないが、最近の都心のマンションバブルは証券化とかSPCとかの金融テクノロジーに支えられてきた所があると思うんだけど、そのバリエーションが容易にできるだけという気はするな。

 この奇妙なバブル、はじける気配もそろそろ見えてきているが、はじけたらどうするんだろ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

4月30日(日)「野音」

Dscf12672
 暖かい?暑い?まあ気候のいい日でした。

 夕方から日比谷野音でムーンライダースの30周年記念ライブ。ゲストが野宮真貴とかみうらじゅんとかPANTAとか遠藤賢司とか原田知世とかすごかったなぁ。特にあがた森魚の存在感と歌っていうのは図抜けていた。始めて観たけど。

 ああっ原田知世様!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

4月29日(土)「アンダーグラウンド」

 少し雨。先週の疲れが残っているので、仕事もそこそこにしておく。

 何故か長いものが読みたくなって、村上春樹の『アンダーグラウンド』っていう地下鉄サリン事件の被害者にインタビューしている分厚い本を読んでたら、経験談って話がリアルだから結構気持ち悪くなった。それで地下鉄に乗ってみたりして。

 あれから11年、すごい事件だけど風化していく(ように感じる)のも仕方の無いことなのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »