« 3月10日(金)「量的緩和」 | Main | 3月12日(日)「政治を語りたくない」 »

3月11日(土)「ロックを語りたい」

DSCF095511
 某所でロッキング・オン編集部の古川琢也さんが来られて、「2005年ロック・シーン総括そして、2006年の展望」という題でビデオクリップなどを見ながら話を聞くというイベントがあった。

 まず、ホワイト・ストライプス。先日の公演について、「凄まじいライブだった」と渋谷陽一氏も言っておられたようだが、確かに何のわだかまりも無くノっていける、のめり込ませる不思議な力のあるライブだった。「70年代全盛期のツエッペリンのライブを彷彿とさせるような」(誰が言ったかは不明)とまでは言い過ぎのような気もするが・・・。

 次にU2のヴァーティゴツアーのライブ映像。アフリカへのこだわりなど何となく引っかかるものはあるが、それでもライブは凄い。現在(も、か?)、世界一のライブパフォーマンス・バンドではないだろうか。4月4日の日本公演が延期(中止?)になったのが残念です。メンバーの誰の家族が病気になったのかは分かっているそうだが公開不可だということです。

 さらに来週来日公演があるローリング・ストーンズ。さいたまアリーナでの追加公演も発表されたが、S席¥35,000 A席¥28,000 B席¥18,000 ゴールデンサークル席¥65,000(各税込)というすごい値段。東京ドーム公演も含めて行くべきか迷っている人は多いのではないだろうか。しかし、①アメリカでの公演は500ドル(約6万円)であることを考えると日本は割安である②年齢を考えると最後の日本公演になる確率が高い③値段に見合う価値のあるライブである。等々という行くべき理由もあるし・・・・。悩みますね。

 確かに②に関してアメリカ、スーパーボウルでの映像を見たんだけど、62歳のミックがこれ以上2時間超のステージをやっていくのは無理なんではないかと思わせる部分もあった(もちろん、お腹はぺッたんこ、体も良く動いていたけど)。南米で100万人集めた無料ライブの時の映像は、映像を早回しをしているんではないかというぐらい体が動いていたが・・・・。何故、二つの映像で動きの印象がこうも違うのだろう。まあ、しかしミックが2時間のステージを出来なくなる以前に、わしが2時間のステージについていけんようになるかもしれんけどのう。ふがふが。

 その他、フランツ・フェルディナンド、ゴリラズ、ジャック・ジョンソン、2006年の展望として、アーキティック・モンキーズ、ツール、ミューズ、マティスヤフなど。このマティスヤフという人、ユダヤ教の中でも最も厳しい方の宗派であるユダヤ教ハシディーム派信者なのだが、演ってる音楽がレゲエという不思議な人。

|

« 3月10日(金)「量的緩和」 | Main | 3月12日(日)「政治を語りたくない」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23056/9051402

Listed below are links to weblogs that reference 3月11日(土)「ロックを語りたい」:

« 3月10日(金)「量的緩和」 | Main | 3月12日(日)「政治を語りたくない」 »