« 7月28日(木)「いしわたさん」 | Main | 7月30日(土)「時には星の下で眠る」 »

7月29日(金)「フジロック一日目」

IMGP0785
 新潟県苗場スキー場で行われるフジロックフェス2005の一日目に行ってきました。

 昨年は三日通し券しか発売しなかったのですが、今年は新潟の震災の復興に少しでも役立てばと主催者側が一日券を復活させたとのことです。3日間自然の中でテントで生活しながら音楽を聴くというのが理想なのでしょうが、さすがに3日あけるとなるとなかなか大変だし、三日間とも好きなアーティストが出るとも限らないので一日券があったほうが便利だろうね。

IMGP0798
 というわけで、驚異的なテクニックを持つギタリストと超ハイトーンの驚異のヴァオーかリストのいるザ・ミュージックと『X&Y』という近年まれに見る傑作を出したばかりの現在、世界最高のロックバンドの一つであるコールド・プレイ、そしてこれまた『In your honer』という傑作を出したばかりのフー・ファイターズのでる一日目が僕にとっての悶絶メニュー。

 越後湯沢の駅から会場までバスがでているのだが、これが結構時間がかかる。苗場にスキーに行く人もこんなに不便なんだろうか?ふと疑問。

 どうやら雨が降っていたようで途中からのってくる人が登山用雨合羽に長靴!おぅっ、これは一体どうなるんじゃい。自然の脅威といきなり遭遇か、と思ったが雨は既に小ぶりになっておりなんとかザ・ミュージックの途中で到着。フェスの雰囲気に良くあった観客と出演者が一体となるいいステージでした。


 続いて、イギリスのコールド・プレイ。個人的にはコールド・プレイがトリでも良かった気がするが、フー・ファイの前。英タブロイド紙によると「性格のすごくいい」クリスマーティンが何故か、フーファイの「Best of You」のマネばっかりやっていた。少なくとも5回は歌いだしのマネをして、自分の曲の中でもアドリブで入れて歌っていた。本人だけ何故かウケていたが、さすがに何回もやるのでメンバー含めて皆引いた。やっぱりトリが自分達でなかったことが気に入らなかったのか。それとも単に尊敬しているのか・・・。

 「アガッタ・ナザ・コフェッションツ・メイ~」というフーファイのマネ以外は本当に素晴らしい音、素晴らしいステージング。

 すでにコールドプレイの時点で、モッシュ・ピットという一番前で大暴れする為の囲いの中の10列目ぐらいにいたのだが、フーファイの始まるまでに3列目まで前進してしまった。嫌な予感がする。

IMGP0820
 案の定、始まってみると強烈なモッシュ(押し合いへし合い)の嵐、人は頭の上を転がってくるわ、こりゃ絶対怪我する!と思いながらも最後まで完走。体鍛えていてよかった。ほんと、音楽を聞きにきてるんじゃなくて暴れに(喧嘩しに)きているような兄ちゃん達もいるしな。ちなみに「やっぱり回りにいる奴らってどうみても俺の半分ぐらいの歳だよな」と頭を抱えつつ、モッシュし返しました。

 そうえば、でてきたデイヴ(Vo&Gr)が着ていたのはなんとKISSのジーンシモンズのTシャツ。そうか、これでわかった。フーファイのノリやすいリズムと覚えやすいメロディはKISSが原点だったのだ!何故、気付かなかったのだろう。

 アンコールで一曲だけデイヴがドラムを叩くと、中音域のでた粘り強い音、まったくニルヴァーナの音になっていたのでビックリした。

 しかし、デイヴって皆に「いい奴、いい奴」と言われているけど、本当にそうなんだろうか?村上春樹の小説などでは、皆にいい奴と言われている登場人物は必ず猫を殺したり、他人の家の郵便ポストに火をつけたりしているのだが・・・・・

|

« 7月28日(木)「いしわたさん」 | Main | 7月30日(土)「時には星の下で眠る」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 7月29日(金)「フジロック一日目」:

« 7月28日(木)「いしわたさん」 | Main | 7月30日(土)「時には星の下で眠る」 »